医学部に合格するため那覇の予備校に通って勉強をしています

以前よりも必死に勉強に向き合っています

医学部 予備校 那覇医学書買取 あさゆう堂

将来は医師か看護師として働きたい志望大学を周囲の反対を押し切って受験しました以前よりも必死に勉強に向き合っています

ただ自分の住んでいる場所は離島だということもあり、都会のような予備校はありません。
医学部は通常の学部と比べても入学合格を勝ち取ることが困難だということは知っていたので、那覇に出て独り暮らしをして予備校に通うことにしました。
那覇には本土にある大きな予備校と同じ系列のものがあるので、都会で行われている授業と同じものをサテライトで学ぶことができることが魅力だと感じたからです。
那覇で独り暮らしをすることは寂しいかと心配していましたが、同じように浪人生活を送っている学生が多かったので安心しました。
予備校周辺のマンションで独り暮らしをしている学生もいたので、自然と友達になることができました。
同じ医学部志望でも、それぞれ入学を望んでいる大学が違ったことから、ライバルというよりも仲間のような気持ちを持ちました。
得意分野を教え合ったり、苦手分野は補うということもできましたし、志望する大学の出題傾向も異なるので分析したものを発表することもできました。
高校は勉強以外に色んなイベントがありましたが、ここでは合格することが明確で唯一の目的なので、勉強だけに向き合うことができました。
親元を離れて那覇で独り暮らしをしたことによって、甘えることもなくなりましたし、自立心も芽生えました。
それに浪人生活というのは想像以上に辛いものがあったので、絶対に来年は大学生になってやるという気概を得ることができ、以前よりも必死に勉強に向き合っています。